ウェブマーケティングに活用できるシステムを導入しよう

収集できるデータ

電話をしながら仕事している男性

ユーザー像の確定

DMPによって収集できるデータは、Google Analyticsによって解析できるデータを更に具体的なデータにすることができます。
Google Analyticsとはウェブサイトのアクセス解析ツールの中でも多彩な情報を見つけ出すことができるシステムですが、そこから導き出される数値は最終的に自分で解析する必要があります。
ですが、ユーザー情報を蓄積することができるDMPを通して解析すれば、その苦労をする必要はなくなります。
DMPを利用することによって、Google Analyticsが解析してくれたデータを自動的に分析して、収集した情報と照らしあわせてユーザー像を確定することができます。
その結果、DMPを利用すれば一体どのようなユーザーが、どのような環境から、どういった目的でウェブサイトの閲覧を行ったのかを知ることができます。

データを活用する方法

DMPを利用して顧客の活動を理解することは、どういったアプローチで顧客に対してウェブマーケティングによる訴求を行うかの検討に役立ちます。
ウェブサイトをパソコンから閲覧する人口とモバイル端末から閲覧する人口で解析するだけでも、どういったサイト構築を行うべきなのかが明確になります。
また、事前に検索した情報やアクセスしたウェブサイトの情報を収集することによって、顧客のニーズを知ることができます。
自分のウェブサイトに何を求めて顧客がやってきているのかが明確になれば、それを叶えることができるウェブサイトにすることで期待に応えられることは明らかです。
DMPによって、そういった顧客のニーズを収集して、わかりやすい形で表示することができます。
単純に数値などのデータとして解析されてきたものを、蓄積したアクセスログなどの顧客情報によって明確なユーザー像として表示できるDMPが、そのわかりやすさの基礎になってくれます。

↑ PAGE TOP